全2952文字
PR

 NeurIPS 2020では若手日本人研究者の活躍も目立った。ディープラーニングの流行をきっかけに、他の分野から移ってきた研究者も少なくない。沖縄科学技術大学院大学の小津野将氏(30)も、その1人だ。2度目の挑戦で、執筆論文が1%の採択率のオーラルに輝いた。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料