全512文字
PR
(画像:123RF)
(画像:123RF)

 「ソフト開発」分野で最も読まれた記事は「ITエンジニアの過半が使いたくない、不人気ランキング不動の1位は『あの開発言語』」だった。日経クロステックで行ったアンケート「プログラミング言語実態調査」に基づいた記事で、あの言語とは「COBOL」である。過去2回の調査でも「今後、スキルを磨かなくてもよいと思う言語」の第1位に選ばれており、もはや不人気ランキング不動の1位といえる。

 Pythonの人気は2019年に引き続いて高い。「『脱VBA』の道筋がついに見えた、ExcelデータをPythonで抽出・加工する方法」(第2位)、「プログラミングは要らなくなる、Pythonが示す未来」(第5位)をはじめ、関連記事がランキングに多く入った。先のアンケート調査でも「JavaScript」に次いで利用言語の第2位になるなど、着実に利用も増えている。

 開発スタイルに目を向けたとき、注目株は「ローコード開発」だ。「グーグルやAWSも参戦、『ローコード開発』はなぜ活況なのか」(第9位)では、開発を支援するPaaSの充実をリポートした。DXを急ぐ日本企業でも今後、IT技術者ではない業務担当者によるローコード開発が広がる可能性がある。

ソフト開発のアクセスランキング
期間:2020年1月1日~12月18日
順位タイトル
1位ITエンジニアの過半が使いたくない、不人気ランキング不動の1位は「あの開発言語」
2位「脱VBA」の道筋がついに見えた、ExcelデータをPythonで抽出・加工する方法
3位C/C++が首位陥落、Web開発に欠かせない言語がトップに
4位プログラミングをやったことがない人が必ず抱く「幻想」と、その正体
5位プログラミングは要らなくなる、Pythonが示す未来
6位Javaが5年ぶりに首位陥落、コロナ禍で開発言語の人気に変化
7位ベテランも4割強がプログラミング能力不足を実感、PythonとVBAで顕著
8位覚えておきたいPythonの基本、Excelのセルやシートを自在に操る方法
9位グーグルやAWSも参戦、「ローコード開発」はなぜ活況なのか
10位会議に乱入される「Zoom爆撃」に注意、利用者急増の陰で問題が相次ぎ露呈
11位96%が屈辱の「初級以下」判定、AtCoderのプログラミング実力判定試験の深層
12位42歳で話題のPythonを学び始めた「魔法学校」新入生、いきなり迎えたピンチとは
13位Pythonで「脱VBA」、Excelの行番号を記述せずにセルを指定する方法
14位開発言語別の技術者年収ランキング、不人気だが高収入を望める言語はあれだ
15位2020年に大ブレークするITインフラ技術は「あれ」だ、識者5人が大胆予想
16位SEという肩書は時代遅れか、SIerとネット企業に横たわる言葉の溝を考えた
17位プログラミングと「金継ぎ」、どちらの技能が老後の不安解消に役立つか
18位マイナポータルが続々と機能拡充、マイナンバーカードでできることを整理した
19位「実力を詐称する能力」に秀でた人がいる、あの有名エンジニアは本当に優秀なのか
20位政府の接触確認アプリ、厚労省がパーソルプロセス&テクノロジーに発注