全532文字
PR
(画像:123RF)
(画像:123RF)

 2020年は新型コロナウイルス関連の記事がよく読まれた。首位はコロナ禍で導入が進んだビデオ会議「Zoom」のセキュリティー問題に関する記事「ビデオ会議『Zoom』は本当に危ないのか? 3つのセキュリティー問題でこれが怖い」だった。使い勝手の良さなどから利用者が急増したZoomだが、セキュリティーについては誤解が多かった。そこで記事ではZoomのセキュリティー技術を分かりやすく解説して誤解を解いた。

 第2位もコロナ関連である。空前のマスク不足に陥り、ドラッグストアには早朝から長蛇の列ができた。そこでシャープは急きょマスクを製造して抽選で販売することにした。喜ばしいことではあるが、一方でシャープをかたる詐欺の出現が懸念された。そこでそういった詐欺が出回る前に警告したのが第2位の記事だった。

 コロナ禍のテレワークには不可欠のVPN(仮想私設網)。そのVPN製品の脆弱性を突く攻撃も多発した。そこで日経クロステックでは、VPNの脆弱性に関する記事を多数掲載して注意を呼びかけた。そのうち3本は第8位、第16位、第18位にランクインした。コロナ禍はまだまだ続く。攻撃者はこの混乱に乗じ続けることが予想される。2021年は今まで以上に守りを固める必要があるだろう。

ITセキュリティのアクセスランキング
期間:2020年1月1日~12月18日
順位タイトル
1位ビデオ会議「Zoom」は本当に危ないのか? 3つのセキュリティー問題でこれが怖い
2位シャープのマスク購入を申し込んだ人は警戒を、詐欺師がこの機会を見逃すはずがない
3位パスワードを盗まずにアカウントを乗っ取る、新型フィッシングの恐ろしすぎる手口
4位10万円給付どう受け取る?マイナンバーカード使うオンライン申請にアクセス殺到
5位パスワード付きファイルの何が問題なのか、今こそ「PPAP」との決別を
6位ビデオ会議「Zoom」の暗号化は機密情報に不適切、中国との関係を研究者が警告
7位三たび狙われたホンダ、業務停止の犯人はランサムウエア「Ekans」か
8位パッチを当てても駄目、テレワークのVPNに潜む致命的な脆弱性の恐怖
9位Emotetが「感染爆発」の兆し、トレンドマイクロかたる悪質な引っかけの手口
10位慣れた人ほど詐欺メッセージにだまされる、SMSの恐ろしい仕様に気をつけろ
11位三菱電機のMicrosoft 365に不正アクセス、取引先情報8635件流出
12位Windows Serverに超ド級の脆弱性、米国土安全保障省が「緊急指令」を発した理由
13位人気ユーチューバーが震え上がる「脅迫メール」出現、悪夢のような内容とは
14位IEにパッチ未公開の危険な脆弱性が見つかった、でも騒がれない「悲しい理由」
15位国内外で大量発生の偽サイトに驚愕、あのドメインに注意
16位VPNのパスワードはどう流出したのか、国内企業を襲ったサイバー攻撃の真相
17位SODが顧客情報流出の経緯を公表、購入や視聴の履歴が閲覧可能な状態だった
18位パッチ未適用のパルスセキュア社VPN、日本企業46社のIPアドレスがさらされる
19位ばらまき型メールから日本を守る、知られざる善意の50人
20位チャットでの悪口が筒抜けに、ビデオ会議の映像でキー入力を推測する手法に仰天