全3350文字
PR

 エンジン車には必須でなく、コストは現行システムの数倍もかかる。それでも自動車メーカーが積極採用を始めたのが電動油圧ブレーキである。現状の搭載率は10%ほどだが、2030年には50%まで高まりそうだ。自動ブレーキ機能の強化や負圧不足の解消など、採用する利点は多い。

 「電動油圧ブレーキの有無で、制動能力は大きく変わる。特に、交差点での飛び出しなど、シビアなシーンでの違いがはっきり出てくる」。SUBARU(スバル)で先進運転支援システム(ADAS)「アイサイト」の開発責任者を務める柴田英司氏(同社第一技術本部自動運転PGMゼネラルマネージャー兼先進安全設計部担当部長)は力を込める。

 同社が2020年11月末に発売した新型「レヴォーグ」から導入した「新世代アイサイト」。ステレオカメラの刷新に注目が集まるが、実はADASの性能を引き上げるためブレーキ部品にも手を入れた。それが、スバルとしては初採用の電動油圧ブレーキである(図1)。

図1 自動ブレーキ性能を高めるために電動油圧ブレーキを採用
図1 自動ブレーキ性能を高めるために電動油圧ブレーキを採用
スバルの新型「レヴォーグ」は、交差点での自動ブレーキ性能を向上させた。新型のステレオカメラを導入すると同時に、ブレーキシステムも刷新した。(出所:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジン車では必須でない高コストな部品を搭載したのは、従来のブレーキシステムが「反応速度や制動力の点で限界を迎えつつあった」(スバルシャシー設計部主査の佐藤司氏)ためだ。

 従来のブレーキシステムの限界は、通常の制動ブレーキと、緊急時の自動ブレーキの2つ。制動ブレーキでは、燃費改善のためエンジンの気筒休止などが増えブレーキ用の負圧が得られにくくなっていた。自動ブレーキでは、従来のESC(横滑り防止装置)ではブレーキ圧を上げにくく、交差点などへの対応がしにくかった。電動油圧ブレーキにすることで、ブレーキ性能を高めることが可能になる。

 ブレーキが作動し始めてから車両が停止するまでの制動時間(Time to Lock)は、ESCが400~500msで、人による運転と同等とされる。一方、電動油圧ブレーキは150~200msと短い。制動時間を3分の1程度まで短くできる特徴をスバルは高く評価した。

 普及価格帯のガソリン車に電動油圧ブレーキを搭載する動きは他にもある。ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)は、19年10月に発売した8代目の「ゴルフ」で電動油圧ブレーキを全面採用した(図2、3)。7代目ゴルフでもハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)のモデルではブレーキを電動化していたが、ガソリン車まで適用範囲を広げたのは今回が初めてだ。

図2 VWの8代目「ゴルフ」
図2 VWの8代目「ゴルフ」
19年10月に発売した。(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 新型ゴルフのガソリンエンジン仕様車の部品構成
図3 新型ゴルフのガソリンエンジン仕様車の部品構成
VWは48V簡易HEVやプラグインハイブリッド車(PHEV)を含め、電動油圧ブレーキを搭載した。(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]

30年には年間6000万個の市場に

 電動油圧ブレーキは、内蔵するモーターでブレーキのマスターシリンダーを押し、油圧を制御するもの。負圧を発生させるエンジンがないEVや負圧を確保しにくいHEVなどでは一般的。一方のエンジン車は、エンジンの吸気負圧を利用する真空ブースターを使うことがほとんど。自動車市場全体でみれば電動油圧ブレーキの搭載率は10%程度と低い。

 だが、数年以内に状況は大きく変わる。電動油圧ブレーキが、ブレーキの主役に上り詰めようとしているのだ。ドイツZFは「30年には搭載率が50%まで高まる」(ゼット・エフ・ジャパンエンジニアリングクォリティ&セーフティマネージャアクティブ・セーフティ・システムズの高木萌氏)と予測する。