全551文字
PR

【4月21日 Xinhua News】中国国家衛生健康委員会の鄭忠偉(Zheng Zhongwei)医薬衛生科技発展研究センター主任は20日、ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会のサブフォーラム「新型コロナウイルスワクチンの供給とアクセシビリティー」で、中国の新型コロナワクチンの生産能力は年間50億回分に近づいており、今年は年内に30億回分以上を生産できる見通しだと表明した。

フォーラムで発言する鄭忠偉氏(2021年4月20日撮影)。(c)Xinhua News
フォーラムで発言する鄭忠偉氏(2021年4月20日撮影)。(c)Xinhua News
[画像のクリックで拡大表示]

 鄭氏は、新型コロナ感染症の発生後、中国は直ちに科学研究による難関攻略を加速させ、ワクチンの研究開発を進めることを決定したと説明。「展開は早いが、後期に境外で実施した第3相臨床試験を含め、プロセスは一つも省略していない。中国のワクチン審査・承認基準は、米国や欧州連合(EU)に比べ決して低くはない」と語った。

 その上で「中国はワクチンの生産体制を整えるに当たり、世界的なコロナ対策の需要も考慮した」と述べ、中国は新型コロナワクチンを世界の公共財とし、全ての人々に行き渡り、誰もが利用できるようにすべきだと提案しており、今年後半には多国間や二国間メカニズムを通じて、より多くのワクチンを中国から世界に向けて供給できるとの見通しを示した。

(c)Xinhua News/AFPBB News 【翻訳編集】AFPBB News