全200文字
PR

【6月13日 Xinhua News】中国天津市内を東西に貫く「天津の母なる川」、海河。その海河に架かる橋にはそれぞれに特徴がある。大小さまざまな橋は交通輸送の機能を果たしながら、都市の変遷を見つめてきた。天津は中国北部でも独特の「橋文化」を持つ都市となっている。

中国天津市を流れる海河に架かる永楽橋の夜景。天津の「母なる川」である海河は、市内を東西に貫く。異なる時期に架けられた大小さまざまな橋はそれぞれに特徴があり、独特の「橋文化」をつくっている(小型無人機から、2022年3月28日撮影)。(c)Xinhua News
中国天津市を流れる海河に架かる永楽橋の夜景。天津の「母なる川」である海河は、市内を東西に貫く。異なる時期に架けられた大小さまざまな橋はそれぞれに特徴があり、独特の「橋文化」をつくっている(小型無人機から、2022年3月28日撮影)。(c)Xinhua News
[画像のクリックで拡大表示]
中国天津市を流れる海河に架かる永楽橋の夜景(小型無人機から、2022年3月28日撮影)。(c)Xinhua News
中国天津市を流れる海河に架かる永楽橋の夜景(小型無人機から、2022年3月28日撮影)。(c)Xinhua News
[画像のクリックで拡大表示]
中国天津市を流れる海河に架かる複数の橋。天津の「母なる川」である海河は、市内を東西に貫く。異なる時期に架けられた大小さまざまな橋はそれぞれに特徴があり、独特の「橋文化」をつくっている(小型無人機から、2022年3月26日撮影)。(c)Xinhua News
中国天津市を流れる海河に架かる複数の橋。天津の「母なる川」である海河は、市内を東西に貫く。異なる時期に架けられた大小さまざまな橋はそれぞれに特徴があり、独特の「橋文化」をつくっている(小型無人機から、2022年3月26日撮影)。(c)Xinhua News
[画像のクリックで拡大表示]