中国の研究者、迅速かつ高精度な量子操作法を発見

非周期・非断熱的で汎用的な幾何学的量子操作(NNGQC)と従来の非断熱幾何学的操作(NGQC)、従来の動力学的量子操作(DQC)でそれぞれU1論理ゲートを実行した実験結果の比較図 上の図は、三つのゲート操作の時間比較が1対2対2.5となることを示したもの。下の図は、三つのゲート操作での量子状態の変化と誤差を比較したもので、IQCが理想的なゲート操作とされる(資料写真)。(c)Xinhua News
非周期・非断熱的で汎用的な幾何学的量子操作(NNGQC)と従来の非断熱幾何学的操作(NGQC)、従来の動力学的量子操作(DQC)でそれぞれU1論理ゲートを実行した実験結果の比較図
上の図は、三つのゲート操作の時間比較が1対2対2.5となることを示したもの。下の図は、三つのゲート操作での量子状態の変化と誤差を比較したもので、IQCが理想的なゲート操作とされる(資料写真)。(c)Xinhua News

カーソルキー(←/→)でも操作できます