全793文字
PR

【9月1日 Xinhua News】中国国有通信大手3社の中国電信(チャイナテレコム、China Telecom)、中国移動通信(チャイナモバイル、China Mobile)、中国聯合網絡通信(中国聯通、チャイナ・ユニコム、China Unicom)はこのほど、2021年6月中間決算を相次いで発表した。3社の合計売上高は8270億元(1元=約17円)で、業績が安定した上昇を見せた。中国経済・社会のデジタル化のデジタル化の加速に伴い、第5世代移動通信システム(5G)応用の潜在力喚起が加速しており、3社は人工知能(AI)、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)などの新技術への布石を加速させている。

 5Gへの投資と建設は依然として通信大手の重点事業になっている。うち中国移動は今年、5G分野に1100億元を投資する計画で、上半期の実行ベース投資額は502億元だった。6月末までに50万1000カ所の5G基地局を開通し、全国の地級以上の都市の市街地、一部の県中心部、重点区域で5Gサービスを提供している。

中国上海市で、通信塔に5G基地局を設置する作業員(資料写真)。
中国上海市で、通信塔に5G基地局を設置する作業員(資料写真)。
(c)Xinhua News
[画像のクリックで拡大表示]