全956文字
PR

中国系企業はグリーントランスフォーメーションに前向き

 英国中国商会の方文建(Fang Wenjian)会長によると、中国系企業はここ数年、グリーントランスフォーメーション(GX)で前向きな進展を遂げている。在英中国系企業はグリーン経済を重要な成長分野とみなし、電力貯蔵や電気自動車(EV)、洋上風力発電、再生可能エネルギーの各分野で積極的にビジネス協力を展開している。

 中国銀行研究院の王家強(Wang Jiaqiang)副院長は、グリーン・低炭素への転換が経済・社会発展の大きな流れになっていると指摘。中国系企業はここ数年、太陽光発電の電力貯蔵設備やEVなどの分野で優位な立場にあり、グリーン経済は海外に進出する中国系企業にとって重要な分野となっていると述べた。

 商務部国際貿易経済合作研究院対外投資合作研究所の武芳(Wu Fang)所長は、世界経済のグリーン転換と国内の「双炭」(二酸化炭素排出量の30年までの減少転換と60年までの実質ゼロ)目標の推進を背景に、企業の対外投資に新たなチャンスが生まれているとし、中国企業に対して各国企業とのグリーン発展に関する協力を積極的に強化するよう助言した。

(c)Xinhua News/AFPBB News 【翻訳編集】AFPBB News