全443文字
PR

【12月6日 Xinhua News】中国国家市場監督管理総局は3日、米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)の中国子会社、特斯拉(上海)が、多目的スポーツ車(SUV)「モデルY」のステアリングナックルの強度が設計要件を満たしていない恐れがあるとして、計2万1599台をリコールする計画を届け出たことを明らかにした。

第4回中国国際輸入博覧会に出展された「モデルY」(2021年11月5日撮影)。
第4回中国国際輸入博覧会に出展された「モデルY」(2021年11月5日撮影)。
(c)Xinhua News
[画像のクリックで拡大表示]

 リコール対象となるのは、2021年2月4日~10月30日に中国で生産した一部車両。対象車両のステアリングナックルを無料で検査し、強度が要件を満たしていない場合は交換する。

 リコール対象車両の一部はサプライヤーの製造上の原因で、前後に取り付けたステアリングナックルの強度が設計要件を満たしていない可能性がある。車両の使用中に変形や断裂が起こり、極端に力が加わるとサスペンションのリンクがステアリングナックルから脱落し、運転に影響して衝突事故につながるリスクが高まると説明している。

(c)Xinhua News/AFPBB News 【翻訳編集】AFPBB News