りそなホールディングスがデジタルを武器に「脱・銀行」を加速している。店舗中心の従来のビジネスモデルを脱し、顧客と「薄く広く長く」つながる戦略に軸足を移す。戦略実現の要になるのが、アジャイル型で開発した顧客向けアプリだ。同アプリを活用したタブレットを店舗に展開し、リアルチャネルの役割も見直す。基幹系システムはライバルに先駆けてオープン化し、変化対応のスピードを上げる。地銀のDX(デジタル変革)パートナーの役割も担い、顧客基盤の拡大を目指す。デジタルを活用した顧客接点改革の全貌に迫った。