全2989文字

 マルチディスプレーの画面表示方法は、デスクトップ画面を広く使う「拡張」と、同じ画面を2つ以上同時に出力する「複製」の2種類がある。画面を広く使うときは前者を、写真や動画を大画面で楽しみたいときは後者といった形で使い分けると便利だ。「Windows」キーを押しながら「P」キーを押し、右側に表示されるメニューで表示方法を指定できる。

 ディスプレーの向きや配置は、デスクトップ画面で右クリックメニューを表示して「ディスプレイ設定」を開くか、「設定」にある「システム」の「ディスプレイ」を開く。「ディスプレイの配置を変更する」いう項目があるので、画面に表示されたディスプレーをドラッグして、好みに応じて配置する。

スマホ画面をセカンドディスプレーにできるアプリも

 映像出力先デバイスのスペックや用途による向き・不向きがあるが、スマホの画面をパソコンのセカンドディスプレーとして使う手もある。例えばdatronicsoftの「spacedesk」というアプリを導入すれば実現できる。このアプリはiPhone用とAndroid用およびパソコン用(サーバーソフト)が提供されている。現在はベータ版扱いで、無料で入手できる。

 スマホのネット接続をWi-Fiに切り替え、パソコンとスマホをあらかじめ同一のネットワークに接続しておく。同一のネットワークなら、パソコンは有線接続でも構わない。

 spacedeskを使うには、ディスプレーを増やしたいパソコンにサーバーソフトをインストールして起動させておく。スマホでspacedeskのアプリを起動して、同じネットワーク内にspacedeskのサーバーソフトが起動したパソコンがあれば、画面中央にそのコンピューター名が表示されるはずだ。それをタップして選ぶと、スマホがパソコンのデスクトップ画面に切り替わる。

スマホやタブレットをパソコンのセカンドディスプレーとして利用できるアプリもある。双方にアプリをインストールして使う
スマホやタブレットをパソコンのセカンドディスプレーとして利用できるアプリもある。双方にアプリをインストールして使う
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
田代 祥吾(たしろ しょうご)
フリーランスライター
PC周辺機器メーカーから日経WinPC編集部を経て、現在はフリーランスライターとして活動。日経PC21や日経パソコンなどで記事を執筆している。得意ジャンルはPCやスマートフォン、自動車、アキバ系サブカルチャーなど。