全2442文字
PR

 液化水素の事業を進めるHySTRA同様、水素(H2)以外の水素キャリアを推進する企業もそれぞれ推進組織を設立し、仲間づくりやプロモーションを展開している(表2)。その中で、競合より一歩早く事業化を進めてきたのが、「メチルシクロヘキサン(MCH)」という材料を扱う「次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合(AHEAD)」だ。主導するのは、千代田化工建設である。

表2 水素の本格利用に向けた企業間連携が本格化 
(データは各団体)
表2 水素の本格利用に向けた企業間連携が本格化 
[画像のクリックで拡大表示]

 MCHは、実は身近な存在だ。インクの修正液の溶剤として一般にMCHが使われているからである。常温常圧で液体、強い毒性や臭いはなく、腐食性もなく、長期貯蔵にも問題がない。水素キャリアの中でも最も扱いやすい材料といえる(図6)。

図6 「常温常圧で液体」が便利
図6 「常温常圧で液体」が便利
トルエンとメチルシクロヘキサン(MCH)と、水素の出し入れ時の化学式(a)。トルエンにH2を付加してMCHにすることを「水素化」、逆にMCHを加熱してH2を取り出すことを「脱水素化」という。千代田化工建設は、脱水素化のプロセスを促進する触媒「SPERA触媒」を開発した。(写真:日経クロステック、図:千代田化工建設の資料を基に日経クロステックが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 これが水素キャリアになるのは、MCHを350~400℃に加熱するとH2を吐き出して(脱水素して)、トルエンという材料に戻るからである注6)。その逆の水素化も容易だ。トルエンもかつてはマニキュアの溶剤として使われるほど、急性の毒性は弱く、扱いやすい。

注6)開発した触媒は「SPERA触媒」、そしてMCHは一般の人も馴染みを得やすいようにと「SPERA水素」と呼んでいる。SPERAは「希望・信頼」の意味のラテン語。

 消防法上はガソリンと同じ扱いであるため、それら既存の石油類の流通システムが利用できるのも強みである。