全1286文字
PR

 第5世代移動通信システム(5G)の日本での商用サービスは2020年春に始まったばかり。だが世界を見渡せば、その次の「第6世代移動通信システム(6G)」の研究開発が早くも活発になっている。通信技術はほぼ10年ごとに世代交代する。2021年、6Gの2030年代の実用化に向けた産・官・学を挙げての技術競争が本格化する。

 通信サービスはもともと、人と人のコミュニケーションを支える役割を担ってきた。それが現在の5Gでは、工場の自動化や遠隔医療、自動運転など産業を支える社会基盤としての性格が強まった。そして6Gの時代。総務省が2020年6月に発表した「Beyond 5G推進戦略-6Gへのロードマップ-」によれば、現実世界とサイバー空間のデータのやり取りが飛躍的に増大する。それを支えるために、6Gには5Gを大幅に上回るスペックが求められている。

図 Beyond 5G(6G)に期待されている機能
図 Beyond 5G(6G)に期待されている機能
5Gの機能強化に加え新たな価値を作り出すための機能も付加
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、通信速度は5Gの10倍が目標だ。一定のエリアで基地局に同時に接続できる機器の数についても5Gの10倍を目指す。一方、データを送受信する際の遅延時間については、5Gの10分の1に短縮する。

自律性や拡張性も備える

 こうした5Gからの連続的な進化に加えて、社会価値の創造につながるような新たな機能も要求されている。総務省が挙げているのは「自律性」「拡張性」「超安全・信頼性」「超低消費電力」の4点だ。