全1053文字
PR

 WSL2でインストールしたLinux環境を使えば、Webサーバーソフトウエアを簡単に試せる。ここではUbuntuにWebサーバーソフトのApache HTTP Serverをインストールしてみよう。

 インストールにはaptコマンドを使う。「sudo apt install apache2」のコマンドでApacheのパッケージをダウンロードしてインストールする。インストールが完了したら「sudo service apache2 start」と入力してApacheを起動しよう。

「apt」コマンドでWebサーバーソフトを簡単にインストール
「apt」コマンドでWebサーバーソフトを簡単にインストール
[画像のクリックで拡大表示]

 localhostへのポートフォワーディングを設定していれば、WindowsでWebブラウザーを立ち上げて、localhostにアクセスするだけでApacheの初期画面を表示できる。

メモ帳で画面を変更

 Webサーバーの設定はWindowsのテキストエディターを使って手軽に変更できる。Ubuntuの画面で「explorer.exe .」と入力して実行すると、カレントディレクトリーの内容がWindowsのエクスプローラーで表示される。この画面から設定ファイルなどをメモ帳で記述できる。

LinuxからWindowsのエクスプローラーを開く
LinuxからWindowsのエクスプローラーを開く
[画像のクリックで拡大表示]