全916文字

 東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県で発令された緊急事態宣言において、菅義偉首相は「テレワークによる出勤者7割減」を目標に掲げている。宣言初日となった2021年1月8日、都内の主要なオフィス街での出勤者数は実際に減少したのか。リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営するunerryの協力を得て実態を調査した。

 その結果、出勤者数は数%の減少にとどまり、あまり変わっていなかった。新宿駅と東京駅、品川駅における2021年1月4日~8日のそれぞれの出勤者数を、2020年12月1~25日までの平日出勤者数の平均と比較した数値は以下の通りだ。

都内主要駅の出勤者数
2020年12月1~25日までの平日出勤者数の平均値を100%として比較
日付新宿駅東京駅品川駅
1月4日84.0%72.4%72.6%
1月5日95.9%93.2%97.8%
1月6日98.5%92.3%94.0%
1月7日98.1%96.8%95.9%
1月8日95.1%92.0%91.9%
(出所:unerry)

 新宿駅の1月8日の出勤者数は95.1%と、12月の新宿駅の平均と比較して4.9ポイントしか減っていなかった。前日の7日は98.1%で、こちらと比較してもほとんど変わっていない。同様に東京駅は8日は8.0ポイント減、品川駅は8.1ポイント減と、2020年12月と比較して1割も減っていないことが分かった。