「陥没や空洞はトンネル工事と因果関係があったと認めざるを得ない。地域の住民や関係者におわび申し上げる」。東京外かく環状道路(外環道)の大深度トンネル工事現場の直上で起こった住宅地の陥没事故を巡り、東日本高速道路会社は責任を認めた。事故後の調査で判明した地盤の状況やシールドトンネル掘進時の施工データ、有識者委員会が想定した事故のメカニズムなどをひもとく。

大深度地下で掘進中だったシールドトンネル(左)と地上の住宅地に生じた陥没(写真:東日本高速道路会社)
大深度地下で掘進中だったシールドトンネル(左)と地上の住宅地に生じた陥没(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]