全1510文字
PR

 東京都調布市で起こった東京外かく環状道路(外環道)のトンネル工事に伴う陥没事故。シールド機が土かぶり47mの大深度地下で土砂を過剰に取り込んだメカニズムが明らかになってきた一方、解明されていない現象がある。

 「(陥没の一因となる)空洞が表層近くの地中にあらかじめあったのか、それともトンネル工事が原因で空洞ができたのか。原因がはっきりしないと、他工区を含めた外環トンネル工事の再開は難しい」。有識者委員会が中間報告をまとめた2020年12月18日、委員長を務める早稲田大学の小泉淳名誉教授はこう話した。

 シールド機が土砂を過剰に取り込んだことで、飽和した単一の砂層である東久留米層の地山に緩み領域が発生。緩み領域はその後、東久留米層の上方へ煙突状に拡大していったとみられる。地山が砂層なので、緩み領域は短時間のうちに進展した可能性が高い。

トンネル軸方向の縦断図。図中の「Bor」はボーリング調査の削孔範囲を示す。陥没が生じた地点の「Bor 1」や空洞が見つかった地点の「Bor 5」「Bor 8-A」でN値が低下している。空洞などが見つかっていない南側の「Bor 4」でも、トンネルの頂部から上方約22mの範囲に緩み領域が広がっていた(資料:東日本高速道路会社)
トンネル軸方向の縦断図。図中の「Bor」はボーリング調査の削孔範囲を示す。陥没が生じた地点の「Bor 1」や空洞が見つかった地点の「Bor 5」「Bor 8-A」でN値が低下している。空洞などが見つかっていない南側の「Bor 4」でも、トンネルの頂部から上方約22mの範囲に緩み領域が広がっていた(資料:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 シールド機が陥没地点の直下を掘進したのは20年9月14日。陥没はその約1カ月後の10月18日に生じた。事故後の調査で相次いで見つかった空洞を含め、陥没や空洞は地表に近いローム層から武蔵野れき層にかけて生じていた。地下水位は武蔵野れき層の上面付近にあった。

 有識者委員会は、シールド機が通過する約2カ月前に撮影した陥没地点の写真を検証。陥没する直前に撮影した写真と比べたところ、約2カ月前の時点で地表面にくぼみが既にできていた可能性があると指摘した。

シールド機が通過する約2カ月前の2020年7月30日に撮影した写真。住宅の駐車場前に並べた段差プレートに不陸が生じている(写真:東日本高速道路会社)
シールド機が通過する約2カ月前の2020年7月30日に撮影した写真。住宅の駐車場前に並べた段差プレートに不陸が生じている(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]
陥没する3時間前の20年10月18日午前9時30分に撮った写真。水たまりができているのを不審に思った巡回中の工事関係者が撮影した(写真:東日本高速道路会社)
陥没する3時間前の20年10月18日午前9時30分に撮った写真。水たまりができているのを不審に思った巡回中の工事関係者が撮影した(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 陥没地点には、1981年に敷設した直径25cmの下水道管が通っていた。直径10cmの折損した下水配管もあった。現地にはかつて浄化槽があり、処理水を地中に浸透させていたのではないかという情報もある。

陥没した穴。直径25cmの下水道管が見える(写真:東日本高速道路会社)
陥没した穴。直径25cmの下水道管が見える(写真:東日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 都市部で道路が陥没したり、空洞が見つかったりする場合、地中に埋設した下水道管が原因となる場合が多い。管にできた亀裂や接続部の隙間に土砂が吸い込まれたり、管から漏れ出した下水によって土砂が流出したりするからだ。

2019年度に都市部の道路で生じた陥没の発生件数と要因(資料:国土交通省)
2019年度に都市部の道路で生じた陥没の発生件数と要因(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、有識者委員会は下水道管が陥没や空洞の原因である可能性は低いとみている。陥没した穴や事故後の調査で見つかった空洞内の地下水を調べた結果、下水の成分は検出されなかったからだ。