デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、新種の人工知能(AI)が爆発的に増える「カンブリア紀」に入った。商品コンセプトに合う香料の配合を考えるAI、高炉の操業支援AIなど多くの企業が自社の業務に合わせて独自に開発している。大手クラウドを中心とした開発支援ツールの充実も背景にある。独自AIの事例と開発ツールの最新動向を紹介する。