全2959文字
PR

 国内メーカーからIoT家電を軸にした体験型のサービスが登場している。その1つは、シャープが自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」の利用者のコミュニティー「ホットクック部」に実装した、ユーザーレシピのダウンロード機能だ(図6)。ホットクックは、食材や調味料を鍋に入れて待つだけで料理が完成する製品だが、コミュニティーに投稿されたレシピの中に気に入ったものがあれば、それをダウンロードして自動調理ができる。料理する人の悩みで多いのが、レパートリーが限られてきて献立作りに苦労すること。ホットクック部の機能は、それを解消するだけでなく、レシピのダウンロードによる調理鍋の自動制御で、実際に誰でも簡単に作れるところにポイントがある。

(a)シャープの自動調理鍋
(a)シャープの自動調理鍋
[画像のクリックで拡大表示]
(b)ホットクック部のアプリ画面
(b)ホットクック部のアプリ画面
図6 気に入ったレシピのデータで自動調理
シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」(a)。 ユーザーのコミュニティーサイト「ホットクック部」に投稿されたレシピに気に入ったものがあれば、それをダウンロードしてホットクックで自動調理することができる。(写真:シャープ)