全2246文字
PR

 米Qualcommは2021年2月9日、世界初とする10Gビット/秒の5Gモデム「Snapdragon X65 5G Modem-RFシステム」を発表した。3GPPのリリース16に準拠し、スマートフォン以外にも、5G対応PCや、モバイルルーター、産業用IoT、FWA(fixed wireless access、固定無線アクセス)、5Gプライベートネットワークなどへの活用を見込んでいる。今回は、姉妹製品として、ピーク時速度4.4Gビット/秒を実現する「Snapdragon X62 5Gモデム-RFシステム」も発表。両製品ともに既にサンプル出荷は開始しており、搭載製品も2021年中には発売される予定となっている。

出所:Qualcomm
出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

 Snapdragon X65 5G Modem-RFの主な機能・特徴は下記の通り。

  • ソフトウエアアップデートにより、3GPPリリース16準拠の新機能への対応やカスタマイズなどに迅速かつ容易に対応
  • 第4世代のミリ波アンテナモジュール「QTM545」により、n259(41GHz帯)を含むミリ波帯をサポート。前世代と同じ実装面積で、さらなるカバレッジ改善と電力効率向上を実現
  • AIを使ったアンテナチューニング技術により、データ通信の高速化、カバレッジ改善に加え、電池寿命も改善
  • 次世代電力監視ソリューションにより、さらなる省電力化を実現
  • FDDとTDDの両方式のミリ波、サブ6(6GHz未満の周波数帯)を含む、包括的な組み合わせによるアグリゲーションを実現。通信事業者が保有する周波数資産の柔軟な活用を支援する
  • Connected-Mode Wake-Up Signalなど、3GPPのリリース16準拠の技術を活用する「5G PowerSave 2.0」により、省電力化を実現
  • 独自のモデムアンテナ統合技術を活用する「Smart Transmit 2.0」により、ミリ波、サブ6Gでの上りリンク時データ速度とカバレッジ拡張を実現

 Qualcommは同日、このSnapdragon X65、X62 5Gモデム-RFシステムに搭載される次世代RFフロントエンドソリューションについても発表した。

 RFフロントエンドソリューションの主な機能・特徴は下記の通り。

  • 第7世代のWideband Envelope Trackerとなる「QET7100」を搭載し、全世界で使用する5Gサブ6やLTE周波数帯に向けた、マルチモードのエンベロープトラッキング(パワーアンプへの入力変調信号に合わせて電圧を変化させ、消費電力を低減する技術)を実現、他社に比べて電力効率を30%改善する。5G周波数帯の帯域幅100MHzに対応するほか、1つのトラッカーで複数の5G/4Gのパワーアンプに対応し、基板実装面積を増やすことなく、優れた性能と魅力的なデザインの製品設計を可能にする
  • AIを使ったアンテナチューニング機能「AI-Enhanced Signal Boost」にて、アンテナ追加や周波数帯追加などへの対応にAIを活用。端末を持つユーザーの手の位置を検出しアンテナを動的に微調整する機能では、検知精度を最大30%向上し、データ速度の高速化、カバレッジ改善、およびバッテリー寿命の長期化を実現する
  • 5G/4G対応機能を統合したパワーアンプモジュール「QPM 6679」、超小型デュアルバンド・ダイバーシティ・モジュール「QDM 5579」を搭載し、基板面積の大幅な削減に貢献する

 また同日、QualcommはSnapdragon X65 5Gモデム-RFシステムを搭載する第2世代のFWAプラットフォームも発表した。

出所:Qualcomm
出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

 第2世代FWAプラットフォームの主な機能・特徴は下記の通り。

  • Snapdragon X65 5Gモデム-RFシステムを搭載し、ミリ波帯、サブ6を使った最大10Gビット/秒の5G FWAを実現
  • QTM 547ミリ波アンテナモジュールを搭載し、広角スキャンで前世代から30%超のカバレッジ改善を実現。アンテナモジュールを動的に回転し最強の信号を受信することで高性能な通信を実現する「Dynamic Antenna Steering」も搭載
出所:Qualcomm
出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]
  • サブ6の対応領域を拡張し、ネットワークカバレッジの最大25%改善と最大10%の容量改善を実現
  • サブ6用に8つのRXアンテナを使用することで、ネットワークカバレッジの最大35%改善と最大20%の通信容量改善を実現

 この第2世代5G FWAプラットフォームを採用する商用製品は、2022年前半にも発売される予定となっている。