全1147文字
PR

 「世界のルマーダ(Lumada)にする買収だ」(日立製作所執行役社長兼CEOの東原敏昭氏)。日立製作所は2021年3月31日、デジタルエンジニアリングサービスなどを手掛ける米グローバルロジック(GlobalLogic)の買収に関する契約を締結すると発表した(図1)。同年7月までの買収完了を目指す。買収総額は96憶ドル(約1兆368億円)を見込んでいる。買収最大の目的がIoT基盤「ルマーダ」の世界展開である。特に様々な現場でIoTデバイスが増加しており、今後リアルタイム制御などを進めていく際に、グローバルロジックの対応力・人員などに期待したとみられる。

図1 グローバルロジック買収でルマーダの成長促進
図1 グローバルロジック買収でルマーダの成長促進
日立製作所はグローバルロジックの買収を通じ、IoT基盤「ルマーダ」の成長を促進する。(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 グローバルロジックの強みとして挙げたのが「エッジからクラウドまで対応できる技術力(Chip-to-Cloud)」と「顧客との協創力」だ(図2)。「協創の中でユーザーの課題を見抜くとともに、クラウド上で解決できるのか、現場でのデータ取得が必要なのかなどの適切な対応ができる。その能力の高さから顧客のリピート率が9割を超えている」(日立製作所執行役専務サービス&プラットフォームビジネスユニットCEOの徳永俊昭氏)。グローバルロジックは計2万人の人員を有しているため、その人材もルマーダの世界展開に活用できる。

図2 グローバルロジックの強み
図2 グローバルロジックの強み
エッジからクラウドまでのデジタル技術に対応できること、幅広い産業の業務ノウハウを有する点などを評価している。(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 当然、日立製作所の事業とのシナジーも期待しており、グローバルロジックが一部の業界・業種に特化せず、医療や自動車、通信などの幅広い業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する能力を保有する点なども評価した。現在、ルマーダの売上収益比率は国内が約7割、海外が約3割だが、「いずれ海外が5割を超えて、国内の比率を上回るようになるだろう」(日立製作所執行役専務CFOの河村芳彦氏)。

 買収の決め手を問われると、東原氏は「2025年のサイバーフィジカルシステム(CPS)の姿を想像し、我々に何が足りないのかを考えた」と回答。さらに未来のCPSについて「クラウドからエッジデバイスまでがリアルタイムに接続され、経営の意思決定が様々な現場に即反映されるようになる」(同氏)と続けた。未来のCPSやルマーダの成長を見据えた際、現場での課題解決力、顧客との協創などが今まで以上に求められるようになってくると考えたようだ。

 グローバルロジックは2000年に創業し、米国のシリコンバレーに本社がある。2021年度の売上収益は約12億ドル(約1296憶円)、調整後EBITDA率は20%超を見込む。2028年度の調整後EBITDAは10億ドル(約1080億円)超を目指している。この実現可能性については「グローバルロジックは直近20%を超えて成長しており、さらに日立製作所の研究開発の知見、ルマーダとのシナジーも見込む」(徳永氏)とした。