全1408文字
PR

HPEがスパコンに採用

 今回、NVIDIAは、Grace採用のスーパーコンピューター(スパコン)を米Hewlett Packard Enterprise(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、HPE)が開発していることも発表した。同スパコンをスイスSwiss National Supercomputing Centre(スイス国立スーパーコンピューティングセンター、CSCS)と米Los Alamos National Laboratory(ロスアラモス国立研究所)が採用し、23年から提供を開始する予定だ。

 CSCSのスパコン「Alps」の場合、演算処理性能は20E(エクサ)FLOPSに達する。Alpsを利用すれば、GPT-3の学習を2日で終えることができるという。これは、NVIDIAの2.8エクサFLOPSのスパコン「Selene」に比べて約7倍高速だという。

CSCSの「Alps」のイメージ
CSCSの「Alps」のイメージ
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]