全894文字

 ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)は、ロボタクシーおよびライドシェアといった移動サービスや物流向け自動運転車両の実現に本腰を入れる。同社の商用車部門であるVolkswagen Commercial Vehiclesが、電気自動車(EV)「ID.」シリーズのコンセプト車「ID.BUZZ」を基にした自動運転車両「ID. BUZZ AD」を利用して、2021年夏にドイツのミュンヘンで試験運用を開始する。同年5月12日(米国時間)に明らかにした。米Argo AI(アルゴAI)のレベル4相当の自動運転技術を搭載する。今回の試験は、VWにとって商用バンに自動運転機能を搭載する「マイルストーン」(同社)と位置付ける。25年の実用化を目標に掲げている。

自動運転車両「ID. BUZZ AD」のイメージ
自動運転車両「ID. BUZZ AD」のイメージ
(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]

 VWは、米Ford Motor(フォード)と並ぶ、アルゴAIの主要な出資会社である。19年、VWの欧州にある自動運転子会社を従業員ごとアルゴAIに譲渡すると発表しており、関係は深い。ID.BUZZにアルゴの自動運転技術を採用することは発表済みだが、具体的な計画を明かすのは今回が初めて。21年初めからVWの車両にアルゴの自動運転技術を搭載して、試験を実施しているという。この成果を基に、21年夏からミュンヘンで本格的な試験運用に乗り出す。

 アルゴAIは21年5月4日(米国時間)、独自のLiDAR(レーザーレーダー)を量産中だと明かしたばかり。その際、フォードやVWの商用車に搭載するとしていた。その1つが、今回のID.BUZZを基にした自動運転車両である。

 25年開始予定の自動運転車両による移動サービスを担うのは、VWグループのドイツMOIAである。同社はハンブルクやハノーバーで移動サービスを手掛けてきた。このうち、ハンブルクから自動運転車両による移動サービスを開始するという。

アルゴのLiDARを搭載した「ID. BUZZ AD」のイメージ
アルゴのLiDARを搭載した「ID. BUZZ AD」のイメージ
(出所:VW)
[画像のクリックで拡大表示]