全1191文字
PR

顧客となる電動航空機メーカーはどこ?

 今回の発表で挙げた顧客の名前を両社は明かしていない。だが、可能性が高いのは、電動の垂直離着陸(eVTOL)機を手掛ける米国の新興企業Joby Aviation(ジョビー・アビエーション)だ。eVTOL機メーカーとして競合に比べて、資金面と実績面で先行している。同社は米連邦航空局(FAA)の型式証明を取得し、24年からeVTOL機を利用したモビリティーサービス(エアタクシー)を米国で開始することを目標に掲げる。

 そんなジョビーに、トヨタ自動車が400億円超を出資。加えて、製造面でも支援している。ジョビーは21年2月に、SPAC(特別買収目的会社)による買収を通じてニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場すると発表。その際、既に50人以上のトヨタの技術者が開発を手助けしていると説明していた。デンソーの筆頭株主であるトヨタが支援しているだけに、デンソーの電動推進系がジョビーの機体に採用されるのは自然な流れだろう。