全1839文字
PR

Apple Watchで心の健康を維持

 コロナ禍で、スポーツジムなど自宅外での運動が難しくなったことから、アップルは20年にリリースした「watchOS 7」からフィットネス機能を特に強化してきた。21年秋のwatchOS 8でもこの路線を継承する。身体と心の健康を維持するために役立つという、太極拳とピラティスの2つのワークアウトを新たに導入する。

太極拳のワークアウトを行っている様子
太極拳のワークアウトを行っている様子
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルによれば、コロナ禍にあったこの1年で、呼吸に集中することでリラックスを促す「呼吸アプリ」の人気が高まったという。新OSでは同アプリを強化し、「マインドフルネス」を実施する新しい方法「リフレクト」を導入する。ポジティブな気持ちを促すような考え方をユーザーに提示する。例えば、「感謝していることを1つ思い出して、なぜそれほど感謝しているかについて考えてみてください」といった内容をApple Watchに表示する。