全1164文字
PR

 米NVIDIA(エヌビディア)は、2021年6月30日までオンライン開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2021」の基調講演の中で、コンシューマー向けGPUカードの新製品「GeForce RTX 3080 Ti」と「GeForce RTX 3070 Ti」を発表した ニュースリリース 。それぞれ、同社が20年9月に発表した「GeForce RTX 3080」と「GeForce RTX 3070」の拡張・強化製品である

* 関連記事:新「GeForce」最上位品は8K対応性能2倍、NVIDIAのGPUボード
基調講演「The Transformational Power of Accelerated Computing」に登壇したNVIDIAのJeff Fisher氏(GeForce Senior Vice President)
基調講演「The Transformational Power of Accelerated Computing」に登壇したNVIDIAのJeff Fisher氏(GeForce Senior Vice President)
手に持つのは新製品の1つ「GeForce RTX 3080 Ti」。この基調講演は2021年6月2日の午後(現地時間)に実施され、6月30日までVODで視聴可能。(出所:COMPUTEX TAIPEIのビデオからキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、GeForce RTX 3080 TiはGeForce RTX 3080と同じIC「GA102」を採用しながら、有効SM(Streaming Multiprocessor)数を68から80に増やすと共に、メモリーバス幅を320ビットから384ビットに拡張。さらに搭載メモリー容量を10Gバイトから12Gバイトに増やした。

 一方、GeForce RTX 3070 Tiは、GeForce RTX 3070と同じIC「GA104」を採用しながら、有効SM数を46から48に引き上げた。メモリーバス幅は256ビットのままだが、メモリーICをGDDR6型(14Gビット/秒)からGDDR6X型(19Gビット/秒)にグレードアップしたことで実効メモリー帯域を引き上げた。なお、GeForce RTX 3080もRTX 3080 TiもメモリーICはGDDR6X型である。

「GeForce RTX 3080 Ti」の概要
「GeForce RTX 3080 Ti」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によれば、GeForce RTX 3080 Tiは18年に発売の「GeForce GTX 1080 Ti」の2倍の性能を持つ。また、GeForce RTX 3070 Tiは17年に発売された「GeForce GTX 1070 Ti」の2倍、19年に発売された「GeForce RTX 2070 SUPER」の1.5倍の性能を持つという。

 新製品のGeForce RTX 3080 Tiの推奨小売価格は1999米ドルで、21年6月3日に発売された。GeForce RTX 3070 Tiの推奨小売価格599米ドルで同年6月10日に発売された。

 なお、台湾ASUSTeK Computerや、中国Shenzhen Colorful Yugong Technology and Development、米EVGA、台湾Gainward、中国Galaxy Microsystems、台湾GIGABYTE Technology、中国InnoVISION Multimedia、台湾MSI(Micro-Star International)、台湾Palit Microsystems、米PNY Technologies、中国ZOTAC Technologyなどから、GeForce RTX 3080 Ti/3070 Tiのカスタマイズ製品が販売される。