全1348文字
PR

 日産自動車は2021年6月15日、小型車「ノートe-POWER」の派生車を発表した。ベース車両(現行ノートe-POWER、以下同じ)よりも外装や内装などの上質感を高めたのが特徴で、21年秋に日本で発売する。ベース車両と同様にガソリンエンジン車は設定せず、シリーズハイブリッド機構「e-POWER」搭載車だけを投入する(図1)。

ノートオーラe-POWER
図1 新型車「ノートオーラe-POWER」
(オンライン会見の画面をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ベース車両は全幅が1695mmの5ナンバー車だが、今回発表した新型車「ノートオーラe-POWER」(以下、新型車)は全幅が1735mmの3ナンバー車とした。スカイラインなどの上級車を何台か乗り継いだ後に、「取り回しの良さなどを考えて小さいクルマに乗り換えたいが、質は落としたくない」と考えるユーザーは多い。

 日産商品企画本部チーフ・プロダクト・スペシャリストの藤沢直樹氏は、同日にオンライン開催した発表会で、「今回の新型車は、こうしたユーザーに満足してもらえるように開発した」と述べた(図2)。

藤沢直樹氏
図2 日産自動車の藤沢直樹氏
(オンライン会見の画面をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車の開発コンセプトは「感性品質」「美・機能」「先進感」の3つ。このうち先進感の面では、ベース車両と同じシリーズハイブリッド機構「第2世代e-POWER」を搭載した。ベース車両と同様に、2WD(前輪駆動)車と4WD(全輪駆動)車を用意した。

 新型車のエンジンやモーターの型式はベース車両と同じだが、前部モーターを改良して、ベース車両よりも最高出力と最大トルクを高めた。新型車の前部モーターの最高出力は100kWで、最大トルクは300N・m。ベース車両に比べて最高出力は15kW、最大トルクは20N・m向上した。

 モーターの性能を上げ、車両寸法を大きくしたため、新型車の燃費(WLTCモード)は27.2km/Lとなり、ベース車両より2.3km/L悪化した。ただ、「空力性能を改善することなどで、燃費の低下をできるだけ抑えた」(藤沢氏)と言う。