全1290文字

 NTTは2021年6月18日、同社が掲げる光技術を活用した次世代情報通信基盤「IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)」構想に向けて、新たな光アクセス網の構成方法を確立したと発表した。現在、世界で一般的に採用されているスター型ネットワークトポロジーを一新し、ループ状のネットワークを多段でつなぐ新たなネットワークトポロジーを提案する。新たなネットワーク構成によって信頼性を高められるほか、需要が急激に変化した場合にも柔軟に対応できるようになる。今後4〜5年でスマートシティーなど実網への導入を目指す。

NTTが新たに考案した光アクセス網の構成方法。多段ループ型のネットワークトポロジーになる
[画像のクリックで拡大表示]
NTTが新たに考案した光アクセス網の構成方法。多段ループ型のネットワークトポロジーになる
(出所:NTT)

 IOWN構想は、光を中心に現在の情報通信技術を一変していこうというNTTの壮大な計画だ。その基盤となるネットワークが、「1人1波長」を扱えるようにする「オールフォトニクス・ネットワーク」である。今回、新たに確立したネットワーク構成は、このオールフォトニクス・ネットワークの実現に向けた手段となる。

 具体的には、都市間を結ぶようなメトロネットワークに加えて、ラストワンマイルを含むアクセスネットワークのエリアについても、ループ状のネットワークトポロジーを使う。光ファイバーの心線を束ねて、拠点となる通信ビル近傍のエリアをカバーするループ配線と、その先にぶら下がる、一般家庭や基地局などのエリアをカバーするループ配線といった具合に、多段階でループ状ネットワークを張り巡らせる。

 現在の光アクセス網は、FTTH(Fiber to the Home)用途がメインであり、光ファイバーを家庭近くのスプリッターで分岐するといったスター型ネットワークトポロジーが採用されている。初期コストを抑えて効率的に各家庭に光回線を設置できる一方、急な需要増に対応しづらいという課題があった。実際、光ファイバーはここに来て、移動通信基地局に多く使われるようになり、光回線が不足する事態が起きている地域もある。スター型のネットワークトポロジーにおいて、ある地域で光ファイバーが足りなくなった場合、中心となる通信ビルから新たにネットワークを引く必要があった。

 多段ループ型のネットワークトポロジーの場合、光ファイバーの心線を多数束ねたループ配線を活用することで、ある地域で光ファイバーが足りなくなった場合も、柔軟に光ファイバーを融通できるようになる。光ファイバーがループ配線となっているため、ある地域に最も近いポイントには、上位の拠点から右回り、左回りと2系統の光ファイバーが来ている。片側の光ファイバーが足りなくなった場合、もう一方の系統の光ファイバーを活用すればよい。ループ配線によって冗長化され信頼性も高められる。

 ループ型のネットワークトポロジーは一方で、ネットワーク運用上の複雑性が増すという課題がある。NTTはこうした課題を解消するために、運用方法についても今後検討を進める。今後4〜5年後にスマートシティーなど特定のエリアへの導入を目指し、30年代の商用化を狙うIOWN構想に向けた基本的なネットワークトポロジーとしてさらに研究開発を進める。