全726文字
PR

 ホンダの米国法人であるAmerican Honda Motor(アメリカン・ホンダモーター)は2021年6月28日(現地時間)、SUV(多目的スポーツ車)タイプの電気自動車(EV)「PROLOGUE(プロローグ)」を、24年初めに北米で発売すると発表した。ホンダの新たな電動化戦略に基づいて開発を進めている車両で、北米に投入する初の量産型EVとなる。

 ホンダ社長の三部敏宏氏は21年4月に、「40年に世界市場で販売するすべての車両を、EVと燃料電池車(FCV)とする」という電動化戦略を発表した(図1)。同戦略に基づき主力市場の北米では、新車販売に占める電動車両の比率(電動化比率)を段階的に高める。具体的には30年に40%、35年に80%、40年に100%となっている。

三部敏宏氏
図1 ホンダ社長の三部敏宏氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 24年初めにホンダブランドとして北米で発売する新型EVは、米General Motors(ゼネラル・モーターズ:GM)と共同開発する車両で、GMが開発を進めるリチウムイオン電池「Ultium(アルティウム)」を搭載する。現行SUVの「Passport(パスポート)」と「Pilot(パイロット)」の間の年間販売台数を目標にしているという。

 また24年内には北米で、GMと共同開発するSUVタイプの別のEVを、「Acura(アキュラ)」ブランドとして北米で発売する予定である。同車にもGMのアルティウムを搭載する(図2)。三部氏は21年4月の会見で、「GMと共同開発する2車種は大型EVになる」と述べた。

図2 アルティウムの電池パック
図2 アルティウムの電池パック
(出所:GM)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、ホンダはEV専用プラットフォーム(PF)「e:アーキテクチャー」の開発を主導しており、同PFを適用する複数のEVを20年代後半から順次、北米市場に投入する計画である。