全994文字
PR

初めてSyncEに対応

 今回発表されたEthernet向けNIC(以下、Ethernetアダプター)は、「Intel Ethernet Network Adapter E810-XXVDA4T」である。同社の100Gビット/秒対応のEthernetコントローラーIC「E810-CAM1」(開発コード名:Columbiaville)をベースにする。RANで要求される高精度なタイミング同期に向けて、IEEE 1588 PTP(Precision Time Protocol)とSyncEの両方に対応できる。IntelのEthernetアダプターとして初めてSyncEに対応した。

 位相誤差が最大4時間まで±1.5μs以下という高精度な発振器を搭載する。オプションでGNSSメザニンカードを追加できる。Ethernet接続用のSFP28ポートを4つ備える。×16のPCI Express 4.0スロットに挿入する。大きさ167mm×111mmで、いわゆるFull Hight Half Lengthである。

Ethernet向けNIC(Network Interface Card)の「Intel Ethernet Network Adapter E800シリーズ」に新製品を追加
Ethernet向けNIC(Network Interface Card)の「Intel Ethernet Network Adapter E800シリーズ」に新製品を追加
新製品は、同社のEthernet向けNIC(Ethernetアダプター)として初めてSyncE(Synchronous Ethernet)に対応した。(出所:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]