全1940文字
PR

搭載するMPUが異なる2製品からなる

 NUC 11 Extreme Kitは、搭載するMPUが異なる2製品からなる。「Core i9-11900KB」を搭載する「NUC11BTMi9」と「Core i7-11700B」を搭載する「NUC11BTMi7」である。MPUの製品番号(プロセッサーナンバー)の最後に付く「B」はBGAパッケージ封止を意味する。どちらのMPUも50mm×26.5mmの1787ボールFCBGAパッケージに封止している。上述したように、どちらもCPUコア数は8、GPUの実行ユニット数は32で同じだが、Core i9-11900KBの方がCore i7-11700Bよりも性能が高い。例えばCPUコアのベース/ターボ動作時の最大動作周波数はCore i9-11900KBは3.3GHz/5.0GHz、Core i7-11700Bは3.3GHz/4.9GHzである。また、Core i9-11900KBはクロック周波数の倍率ロックが解除されていて、性能の調整がしやすい。熱設計電力はどちらのMPUも65Wである。

NUC 11 Extreme Kitの2製品の主な仕様
NUC 11 Extreme Kitの2製品の主な仕様
(出所:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]

 搭載MPU以外の仕様はNUC11BTMi9とNUC11BTMi7は同じで、例えば、デュアルチャネル対応のSODIMMスロットを2つ備えており、DDR4-3200型DRAMを最大で64Gバイト載せることができる。ストレージなどの接続向けに、PCI Express Gen4/Gen3対応のM.2スロットを4つ備える。このほかインターフェースとして、Thunderbolt 4ポートを2つ、HDMI 2.0bポートを1つ、2.5Gビット/秒のEthernetポートを1つ、USB 3.1 Gen2ポートを8つなどを備える。また、Wi-Fi 6EとBluetooth 5.2の無線通信が可能である。

 NUC 11 Extreme Kitの出荷は21年第3四半期中に始める。NUC11BTMi9の価格は1350米ドルから、NUC11BTMi7は1150米ドルからである。