全1325文字
PR

 ホンダは2021年8月19日、一般道における渋滞緩和に寄与する新サービスの運用を、同年8月に開始したと発表した。コネクテッド機能を搭載するホンダ車の走行データを利用して、渋滞路や迂回路を通過できる所要時間を計算し、路上に設置した表示機にその時間を示す。これにより運転者に迂回を促し、交通量を分散することで、渋滞の緩和が期待できるとする(図1)。

新サービスの提供例
図1 新サービスの提供例
(写真:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 既に複数の企業や自治体から導入の要望が寄せられており、ホンダは21年秋にサービスの開始を目指す。同日にオンライン開催した新サービスの発表会で、同社モビリティサービス事業本部コネクテッド事業統括部の福森 穣氏は、「渋滞は運転者にとって大きなストレスになることに加えて、周辺住民に迷惑をかける。新サービスの提供で、渋滞という社会課題を解決していきたい」とした。

 また同日の発表会で、同社モビリティサービス事業本部コネクテッド事業統括部の船越允維氏は、「導入する企業や自治体は、道路に設置する表示機のレンタル料金などを負担するだけで済む」と述べ、導入に当たって大きな初期投資は必要ないことを強調した。

 ホンダの新サービス「旅行時間表示サービス」では、コネクテッド機能を搭載するホンダ車の走行データをリアルタイムで収集し、渋滞路や迂回路の通過にかかる時間(所要時間)を計算する。走行データは過去30分間のものを使い、5分ごとに同データを更新する。具体的には、道路の「リンク」注)ごとに所要時間を計算し、それらの時間を積算する。

注)リンクとは信号機と信号機の間などの道路区間のこと。

 こうした走行データを用いて計算した渋滞路と迂回路の所要時間を、渋滞路と迂回路の分岐点に設置した表示機に示して運転者に知らせる。これにより、運転者に迂回路の選択を促し、渋滞の緩和につなげる(図2)。

新サービスのシステム概念
図2 新サービスのシステム概念
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]