全2488文字
PR

150億個のトランジスタを搭載する「A15」

 iPhone 13シリーズに搭載したA15のトランジスタ数はおよそ150億個とする。iPhone 12シリーズに搭載した「A14 Bionic(以下、A14)」では118億個だった。5nm世代の製造プロセスでA15を作製したという。台湾TSMC製だとみられる。A15のCPUコア数は6で、このうち4つが電力効率重視、2つが性能重視である。この数はA14と同じだが、新しいものにしたという。その結果、演算処理性能は、主要な他社製品に比べて最大50%高速だとする。

「A15 Bionic」を搭載する
「A15 Bionic」を搭載する
(出所:アップルの発表会の動画をキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 GPUコアの数は、iPhone 13とminiは4つ。ProとPro Maxは5つで1つ多い。A14では4機種すべて4つだった。A15のGPU演算処理性能は、主要な他社製品に比べて、13とminiに搭載したもので最大30%、ProとPro Maxに搭載したもので最大50%高速だとしている。

 深層学習の推論処理などを高速に実行する「Neural Engine」のコア数は4機種とも16個。この数はA14と同じだが、演算処理性能が向上している。A15では毎秒15兆8000億回(15.8TOPS)で演算が可能。A14では毎秒11兆回(11TOPS)だった。