全889文字
PR

 「(脱炭素に向けて)“レーダー”をもっと揚げていく」――。サントリーホールディングス(HD)社長の新浪剛史氏は「NIKKEI 脱炭素プロジェクト 第1回シンポジウム(2021年10月19日、主催:日本経済新聞社)」に登壇してこう意気込んだ。同氏が“レーダー”と表現するのは、脱炭素の実現に不可欠な技術やパートナーを探索する機能のこと。他社と広く協力関係を築き、2050年の炭素中立に向けて着実に歩みを進めたい考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中