全1467文字
PR

 FPGA(Field Programmable Gate Array)メーカーの米Lattice Semiconductor(ラティスセミコンダクター)は、エッジ機器での常時AI(人工知能)処理を狙った「Lattice sensAIソリューション・スタック」の最新版(version 4.1、以下 v4.1)を2021年11月10日(米国時間)に発表した ニュースリリース 。v4.1の目玉は、モバイル機器を狙った「クライアント・コンピューティングAIエクスペリエンス」と呼ぶAIベース処理機能。この機能により、例えば、モバイルPCの電池寿命を最大28%延ばせるという。

 sensAIソリューション・スタックは、推論処理をFPGAで行うための開発作業を支援する一連の要素からなる。スタックという名称通りに、複数のレベルの要素からなる。最下層には同社のFPGAを搭載した評価ボード、その上にIPコア、開発用ソフトウエア、リファレンス設計/デモ、カスタム設計サービスがある。v4.1の目玉のクライアント・コンピューティングAIエクスペリエンスは最上位に位置付けられ、それより下層の複数の要素を使って構成される。例えば、最下層には、同社のFPGA「Lattice CertusPro-NX」を搭載した評価ボードがある。

「Lattice sensAIソリューション・スタック v4.1」の構成
「Lattice sensAIソリューション・スタック v4.1」の構成
(出所:Lattice Semiconductor)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本法人のラティスセミコンダクターによれば、クライアント・コンピューティングAIエクスペリエンスの機能は主に4つある。(1)ユーザー人感検出:ユーザーの接近と離れ去りに応じて、クライアント機器の電源を自動的にオン/オフする。(2)アテンショントラッキング:ユーザーがクライアント機器の画面を見ていないときに、画面の輝度を下げて電池の消耗を低減する。(3)のぞき見検知:クライアント機器の背後に第三者の存在を認識した場合、機器データのプライバシー保護のために画面をぼかす。(4)フェイスフレーミング:ビデオ会議アプリケーションで、顔を画面中央に位置させる。4つのうちの(1)と(2)はクライアント機器の電池寿命の延命に寄与し、例えば、28%延びたことを確認したという。

クライアント・コンピューティングAIエクスペリエンスで提供される4つの機能
クライアント・コンピューティングAIエクスペリエンスで提供される4つの機能
(出所:Lattice Semiconductor)
[画像のクリックで拡大表示]