全1356文字

 フランスValeo(ヴァレオ)は2021年12月9日(現地時間)、同社の最新(第2世代)LiDAR(レーザースキャナー)が、ドイツDaimler(ダイムラー)のレベル3の自動運転システム用センサーに採用されたと発表した。ヴァレオの同LiDARがレベル3の自動運転システムに採用されたのは、今回が世界で初めてである。

 ダイムラーは、ヴァレオの第2世代LiDAR(以下、第2世代品)を使ったレベル3の自動運転システム「DRIVE PILOT(ドライブ・パイロット)」を、旗艦セダン「メルセデス・ベンツ Sクラス」に搭載し、22年前半にドイツで発売する計画だ。同システムの搭載により、高速道路の単一車線において一定の条件下で車速60km/hまで、「ハンズオフ」や「アイズオフ」の自動運転が可能になる(図1)。

自動運転レベル3のイメージ
図1 自動運転レベル3のイメージ
(出所:ダイムラー)
[画像のクリックで拡大表示]

 高速道路の単一車線におけるレベル3の自動運転システムは、ホンダの旗艦セダン「レジェンド」にも搭載されている。同車にもヴァレオのLiDARが採用されているが、これは同社が17年から量産している第1世代LiDAR(以下、第1世代品)である。

 これに対してダイムラーは、21年にヴァレオが量産を始めた第2世代品を選んだ。第2世代品の水平検知角は133度、垂直検知角は10度、水平分解能は0.125度である。最大検知距離は歩行者で約50m、乗用車で約150m、トラックで約200mとなっている。

 ヴァレオ日本法人のヴァレオジャパンでコンフォート&ドライビングアシスタンスシステムズR&Dディレクターを務める伊藤善仁氏によると、「水平検知角は第1世代品(145度)の方が広いが、垂直検知角は第1世代品の3倍、水平分解能は同2倍に向上している」という。

 歩行車や乗用車、トラックを対象にした最大検知距離は第1世代品と同じ。第1世代品と第2世代品のいずれも、レーザー光の波長は905nm(近赤外線)であり、スキャン方式は回転するミラーを内蔵した「メカニカル型」だ。