全714文字
PR

 トヨタ自動車は2021年12月23日、超小型電気自動車(EV)「C+pod(シーポッド)」の一般販売を開始した。一部の企業ユーザーや自治体などを対象に20年12月から限定販売していたが、生産体制などが整ったため今回、販売対象をすべての企業ユーザーや自治体、個人ユーザーに広げた(図1)。

超小型EV「C+pod」
図1 リース販売を開始した超小型EV「C+pod」
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 車両価格(消費税込み)は165万円(Xグレード)と171万6000円(Gグレード)だが、企業向けや自治体向け、個人向けのすべてをリース販売とする。リース契約とすることで、契約終了後の車両を確実に回収し、搭載する電池パックの「3R」(リデュース、リユース、リサイクル)に取り組む。

 C+podは、国土交通省の超小型モビリティーの型式指定に準拠した2人乗りの車両で、日常生活で少人数かつ近距離の移動が多いユーザーの利用を想定する。車両寸法は全長2490mm×全幅1290mm×全高1550mmで、ホイールベースは1780mmとなっており、軽自動車よりひと回り小さい(図2、3)。

 C+podの車内
図2 C+podの車内
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
C+podの荷室
図3 C+podの荷室
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]