全1364文字
PR

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2022年2月14日、同社がフルMVNOとして提供する遠隔から通信プロファイルを書き換えられる「eSIM」において、SIM内のプログラム領域を第三者に開放する考えを明らかにした。SIMで取得できる位置情報や識別番号(IMSI)などを利用し、協業先企業がSIM上で動作する任意のアプリケーションを開発できるようになる。第1弾としてトレンドマイクロと共同で、IoT機器向けにSIMによる不正通信検出のアプリを開発した。同社は今後、協業先企業を広げ、単なる通信手段ではないSIMの付加価値提供を目指す考えだ。

協業先企業がアプレット領域に書き込みしやすい独自SIMを開発した
協業先企業がアプレット領域に書き込みしやすい独自SIMを開発した
(出所:NTTコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 契約者情報を格納するなどモバイル通信に欠かせないSIM。SIMはICチップを搭載したマイクロコンピューターであり、任意の小さなプログラムが動作するアプレット領域を持つ。

 NTTコムはSIMベンダーと共同で、協業先企業がSIM上で動作する任意のアプリを開発しやすい独自SIMを新たに開発した。具体的には、通信に必要な情報を書き込んだ通信プロファイル領域と、任意のアプリを実行するアプレット領域を論理的に分離したSIMである。

 通常のSIMは、通信プロファイル領域内にアプレット領域が含まれている。両者は共通の鍵情報を利用しており、アプレット領域へプログラムを書き込む場合も共通の鍵を利用する必要があった。共通の鍵は、ネットワークに接続するための重要情報を保管する通信プロファイル領域の管理にも使われている。強固なセキュリティーで守る必要があり、基本的にこの共通鍵はSIMを発行する通信事業者が管理する。そのため協業先企業はこれまで、通信事業者にアプレット領域への書き込みをその都度、依頼する必要があった。「協業先企業が早期にアプリを開発・実装することが難しかった」とNTTコム 5G IoTタスクフォース担当部長の内山貴允氏は話す。

 NTTコムが新たに開発したSIMでは、通信プロファイル領域を管理する鍵とアプレット領域を管理する鍵を、独自技術によって別々にした。信頼できる協業先企業に、アプレット領域を管理する鍵情報を開放。これまで必要だった通信事業者とのやり取りが不要になり、協業先企業が独自にSIMのアプレット領域にアプリを書き込めるようにした。SIMを使ったアプリ開発の迅速化が図れるとNTTコムは期待する。