全5150文字

 パナソニックのVRグラス「MeganeX」(メガーヌエックス)の体験リポートに続いて、今回は販売戦略のキーパーソンにインタビューした内容をお届けする。

2022年中にパナソニック子会社Shiftallから発売予定のVRグラス「MeganeX」
2022年中にパナソニック子会社Shiftallから発売予定のVRグラス「MeganeX」
(出所:パナソニック/Shiftall)
[画像のクリックで拡大表示]

 MeganeXを販売するのはパナソニック本体ではなく、100%子会社のShiftall(東京・中央)だ。それはなぜか。同社代表取締役CEOの岩佐琢磨氏は次のように語る。

 「巨大なパナソニックにおいて、メタバース対応はすぐには難しい。販売の末端までこのVRグラスを扱うのは、相当の時間が必要です。でもメタバースは俊速に変化していますので、それではビジネスとしては間に合わない。なので、機敏な当社(Shiftall)が販売を担当させてもらいます。とにかく参画して、小さくてもいいから商品を出して、新しい世界を開拓していくのは、僕らがやるべきことです」(岩佐氏)。

 なんともあっぱれではないか。大企業発のベンチャーはだいたい失敗しがちなものだが、Shiftallは大会社ではできないことを率先してやるという姿勢がいい。

ユニークな製品を発想して世に送ってきた

 MeganeXの話に入る前に、岩佐氏の出自がとても興味深いので、簡単に紹介しよう。2003年に、当時の松下電器産業(現パナソニック)に入社。レコーダーの商品企画やディモーラサービスの立ち上げ、LUMIX(ルミックス)のインターネットサービスといった業務を担当した。

 その後パナソニックを離れ、2008年に映像ライブ配信の関連製品やハイテク玩具を販売するCerevoというベンチャーを立ち上げた。最初は一人で始めたが、10年ほどで社員96人の組織にまで育て上げた。続いてShiftallをCerevoの子会社としてスタートさせ、代表に就任。CerevoがShiftallを売却し、Shiftallは2018年にパナソニックグループの100%子会社となった。なぜ、また大企業に出戻ったか。

 「どこの会社かに限らず、大企業になってしまうと面白い製品がなかなか作れなくなります。その理由は、すべてが水平分業されているからです。販売は販売チームが、製造は製造部隊が手がけるので、みんながリスクを取りたがらない。だから新しい企画が通らない。それを避けるために、Shiftallは全部自分たちでやります。電気設計、メカ設計、意匠設計、組み込み、スマホアプリ、サーバー……まで内製できるメンバーをそろえました。今は、ものづくりでもリサーチをじっくり、ゆっくりやるという時代ではありません。Shiftallは製品を生み育てるところに注力し、スピード感を持って世の中に送り出していきます」(岩佐氏)。

 Shiftallは今やメタバース製品の専門メーカーだが、これまではメタバースと関係ないユニークな製品を発想し、世に送ってきた。まず集中するためのヘッドホン「WEAR SPACE」。装着することで耳を覆うのと同時に視界も狭め、目と耳の情報を限定することで作業に集中させるギアだ。パナソニックの若手デザイナーチームと協業し開発。彼らは、とがったアイデアを持っているが、パナソニック本体では製品化は難しい。そこでShiftallが手がけた。パナソニックとして初の製品クラウドファンディングを行い、約500人から支援された。海外のサイトでは「HUMAN HORSE BLINDERS」と書かれた話題作だ。

[画像のクリックで拡大表示]
Shiftallの製品「WEAR SPACE」。集中するためのヘッドホン
Shiftallの製品「WEAR SPACE」。集中するためのヘッドホン
(出所:Shiftall)
[画像のクリックで拡大表示]

 影が3原色になる特殊な照明「RGB_Light」もユニークだ。RGBのライトを搭載し、焦点を合わせた色は白色になる。ライトの位置はずらしてあるので、影は赤緑青の原色となる。スマホアプリから色の設定も変えられる。渋谷の100BANCHというガレージプログラムの女性デザイナーのアイデアにより商品化したものだ。

[画像のクリックで拡大表示]
Shiftallの製品「RGB_Light」。影が3原色になる特殊な照明
Shiftallの製品「RGB_Light」。影が3原色になる特殊な照明
(出所:Shiftall)
[画像のクリックで拡大表示]

 女性のアイデアの具体化として、ファッション情報を保存する「MiLOG」というサービスも提供している。Googleカレンダーとリンクして、その日の服装と天気、気温、訪問先などのスケジュールを保存。後日同じ場所に行くときに、MiLOGで検索すれば前回どんな服装だったか確認できるので、同じものを着て行くことが避けられるという、女性目線を生かした商品だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Shiftallの製品「MiLOG」。ファッション情報を保存するサービスと端末
Shiftallの製品「MiLOG」。ファッション情報を保存するサービスと端末
(出所:Shiftall)
[画像のクリックで拡大表示]

 今、Shiftallはビジネスのリソースの8割をメタバースに投入していると岩佐氏は言う。