全1247文字
PR

 日産自動車は2022年4月25日、次世代のLiDAR(レーザースキャナー)を使い緊急回避性能を高めた運転支援技術「グラウンド・トゥルース・パーセプション(Ground truth perception)」を発表した。同技術を搭載した「ProPILOT-コンセプトゼロ試作車」を使い、自動で緊急回避を行う実演(デモ)も見せた。

緊急回避のデモ
緊急回避のデモ
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
緊急回避時の走行計画のイメージ
緊急回避時の走行計画のイメージ
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 「現在の運転支援技術がカバーできる事故シーンの割合は約3割にすぎない。今回の技術を使えば9割以上をカバーできる」。同社専務執行役員の浅見孝雄氏は、新技術によってクルマの安全性が飛躍的に高まると説明する。20年代半ばまでに技術開発を完了させ、順次、新型車へ搭載する。30年までにほぼすべての新型車に搭載することを目指す。

 「ProPILOT2.0」など、同社がすでに量産している運転支援技術は「常用域」の操作を自動化することで安全性能を高めている。今回のグラウンド・トゥルース・パーセプションは「緊急回避領域」の操作を自動化する点が異なる。

「常用域」から「緊急回避領域」へ
「常用域」から「緊急回避領域」へ
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、走行中に前方のトレーラーが横転して車線をふさぐ、前方の車両が衝突事故で急停止する、反対車線からドラム缶などの異物が跳ね飛ばされてくる、といった複雑な状況に対し、システムが自動操舵(そうだ)や加減速によって緊急回避を行う。

 こうした処理では、車両周囲の空間や物体を3次元的に正確に把握するとともに、時々刻々と変化する状況に応じて、走行計画を瞬時に更新しながら、連続的に回避操作を行うシステムが必要になる。そこで、今回は従来のカメラとミリ波レーダーに加えて、米Luminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)製の次世代LiDARを車両ルーフに搭載した。ルーフに搭載するのは、前方車両などによってレーザーが遮られるのを防ぐためだという。

ルーフにLiDARを搭載
ルーフにLiDARを搭載
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
試作車の外観
試作車の外観
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]