全1171文字
PR

 「ゲームにとって素晴らしいプラットフォームになった」――。米Apple(アップル)の開発者会議「WWDC22」(2022年6月6~10日開催)の基調講演に特別ゲストとして登場したカプコンの伊集院勝氏は、こう述べ、独自プロセッサー「Apple Silicon」を搭載したMacを高く評価した。その証左として2022年後半に、同社の人気ゲーム「バイオハザード ヴィレッジ」をApple Silicon搭載Mac向けにリリースすると発表した。アップル本社で開催された基調講演動画のパブリックビューイングの参加者は、人気ゲームの登場に大いに沸いた。

 これまでのWWDCの基調講演では、外部企業の開発者がゲストとして次々に登壇する形式を採ってきた。今回登場したのは、伊集院氏ただ一人。それだけに、ゲーム事業に対するアップルの期待の高さがうかがえる。

WWDC22の基調講演に登場したカプコンの伊集院氏
WWDC22の基調講演に登場したカプコンの伊集院氏
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]