全1437文字
PR

 ドイツBMWは2022年6月14日、スポーツタイプの中型MPV(多目的車)「2シリーズ アクティブツアラー」注)の全面改良車を日本で発売した。外観と内装のデザインを刷新したほか、動力性能の向上と低燃費を両立させた。さらに、先進運転支援システム(ADAS)の機能を拡充し、予防安全性能を高めた(図1)。

注)BMWは2シリーズ アクティブツアラーを、SAT(スポーツ・アクティビティー・ツアラー)と呼ぶ。

2シリーズ アクティブツアラー
図1 新型「2シリーズ アクティブツアラー」
(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 同日に東京都内で開催した発表会で、BMWの日本法人であるビー・エム・ダブリュー社長のクリスチャン・ヴィードマン氏は、「2014年に日本で発売した先代車は、幅広い顧客層に受け入れられた。ADAS機能を強化し、コネクテッド機能を搭載した新型2シリーズ アクティブツアラーは、日本市場に適した車両になった」と強調した(図2)。

クリスチャン・ヴィードマン氏
図2 ビー・エム・ダブリュー社長のクリスチャン・ヴィードマン氏
(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

PHEVの投入も検討

 新型2シリーズ アクティブツアラー(以下、新型車)は先代車と同じFF(前部エンジン・前輪駆動)車で、ガソリンエンジン車とディーゼルエンジン車を用意した。プラグインハイブリッド車(PHEV)の投入は見送った。

 欧州では現在、ガソリン車とディーゼル車を販売しており、2022年夏にPHEVを投入する計画である。日本でのPHEVの販売は検討中としており、「投入する場合は、欧州と同じ形になるだろう」(ビー・エム・ダブリュー)とする。

 新型車は排気量1.5Lで直列3気筒の過給ガソリンエンジン、あるいは同2.0Lで直列4気筒の過給ディーゼルエンジンを搭載する。変速機はいずれも、7速DCT(ダブル・クラッチ・トランスミッション)を組み合わせる。