全946文字
PR

 トヨタ自動車が水素エンジンの開発を加速させている。市販化の意向を表明した乗用車に続き、大型商用車の領域でプロジェクトを始動させた。5社でタッグを組み、大型商用車における水素エンジンの可能性を検討していく。

乗用車タイプの水素エンジン車
乗用車タイプの水素エンジン車
トヨタが耐久レースで改良を続けている「ORC ROOKIE GR Corolla H2 Concept」。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタと組んだのは、いすゞ自動車とデンソー、日野自動車、Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)である。5社は2022年7月8日、大型商用車向け水素エンジンの企画・基礎研究を開始したと発表した。

 「量産化は燃料電池車(FCV)より近いのではないか」。あるエンジン技術者は、水素エンジンと大型商用車は相性が良いと分析する。大型商用車で主流の過給直噴ディーゼルエンジンをベースとすれば、「ほぼ燃料噴射系の変更だけで水素エンジンに対応できる」(同技術者)という。

トヨタが開発した燃料電池(FC)商用トラック
トヨタが開発した燃料電池(FC)商用トラック
乗用車「MIRAI(ミライ)」のFCシステムを活用した。今後は、燃料電池車(FCV)と水素エンジン車を両にらみで開発していく。(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 ディーゼル車の窒素酸化物(NOx)後処理システムを流用できる点も大きい。水素エンジンは原理的に二酸化炭素(CO2)を排出しないが、NOxを多く排出する。対策技術としては尿素SCR(選択還元触媒)システムなどいくつかあり、「性能評価は必要だが、基本的にはそのまま使える」(同技術者)という。

 実用化に向けた課題の1つは「プレイグニッション(早期着火、以下プレイグ)」である。プレイグはシリンダー内で起こる異常燃焼で、通常点火よりも早く自着火してしまう現象である。乗用車向け水素エンジンの開発でも、トヨタが対策を進めている。