全1423文字
PR

 ルネサス エレクトロニクスは、産業Ethernet通信に向けたMPU(マイクロプロセッサー)「RZ/N2L」の発売と量産出荷開始を2022年8月9日に発表した ニュースリリース 。FA(Factory Automation)/産業機器のホストCPU(マイコンやMPUなど)に新製品をコンパニオンチップとして外付けすることで、機器の内部設計を大幅変更することなく、容易に産業Ethernetネットワークに対応させられるという(図1)。

図1 新製品の特徴
図1 新製品の特徴
(出所:ルネサス エレクロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品はリアルタイム性を担保するEthernet規格TSN(Time-Sensitive Networking)に対応している。TSN対応の3ポートGビット/秒EthernetスイッチとEtherCATスレーブコントローラーを集積したことにより、EtherCATやPROFINET RT、PROFINET IRT、EtherNet/IP、OPC UAといった産業ネットワークをサポートする(図2)。パラレルまたはシリアルインターフェースを使って新製品はホストCPUと直結可能で、ホストCPUは新製品のシステムRAM(SRAM)に格納された通信データに直接アクセスできる。新製品は、ホストCPUから独立してネットワーク処理を実行するため、ホストCPU上で稼働する既存のアプリケーションソフトウエアを大幅に変更することなく産業Ethernet通信に対応することが可能だという。

図2 産業ネットワーク向けMPU/IC一覧と新製品(赤枠で囲んでいる)
図2 産業ネットワーク向けMPU/IC一覧と新製品(赤枠で囲んでいる)
(出所:ルネサス エレクロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]