全979文字
PR

 東レは2022年8月24日、バイオマス100%由来のアジピン酸を開発したと発表した(図1)。アジピン酸は、プラスチック樹脂として代表的なポリアミド66(ナイロン66)の原料。同社によると、植物の食べられない部分の成分を用いてバイオマス由来の糖を生成し、アジピン酸の原料としたのは世界初という。

図1 プロセス全体図
図1 プロセス全体図
非可食バイオマス由来の糖からアジピン酸を生成し、ヘキサメチレンジアミンと重合してポリアミド66(ナイロン66)を製造する流れ。(出所:東レ)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来の化学合成法では、石油からアジピン酸を製造する過程で、温暖化ガスの一種である一酸化二窒素(N2O)を排出する。一方、今回の開発手法ではバイオマス由来の糖を用いるため、N2Oの排出がない。「利用するバイオマスは非可食成分を用いるため、食糧問題とは競合しない」(同社)という利点もある。

 アジピン酸は、ヘキサメチレンジアミンとの重合でポリアミド66になる。バイオマス由来のアジピン酸を実用化できれば、ポリアミド66を製造する際の環境負荷を減らせる。現在はラボスケールでの製造に成功した段階。同社は今後、スケールアップを図り、2030年ごろの実用化を目指す。

 今回の技術のカギとなったのは、バイオマス由来の糖からアジピン酸の中間体(化学反応の中間生成物)を生成する、新しい微生物の発見だ。この微生物の遺伝子から造られる酵素が化学反応を進め、糖を中間体に変換する(図2)。

図2 微生物による発酵技術
図2 微生物による発酵技術
(出所:東レ)
[画像のクリックで拡大表示]