全1760文字
PR

 カナダBlackBerry(ブラックベリー)は2022年8月26日、車載OS(基本ソフト)「QNX」の採用状況や、米Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス、AWS)と共同開発している車両データ基盤「IVY(アイビー)」の進捗についてオンライン会見で説明した。

VW.OSのADAS/AD基盤へ

 QNXに関しては、ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)グループのソフトウエア子会社であるCARIAD(カリアド)が採用した。カリアドはVWの車両OS「VW.OS」やクラウド「VW.AC」などで構成する統合型のソフト基盤を開発しており、2020年代半ばからVWグループのブランドに採用する。ブラックベリーはカリアドに対し、「QNX OS for Safety 2.2」を含むQNX関連のライセンスを供与する。QNX OS for Safety 2.2はVW.OSの先進運転支援システム(ADAS)/自動運転システム(ADS)の基盤として機能する。

カリアドがVW.OSの基盤にQNXを採用
カリアドがVW.OSの基盤にQNXを採用
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 QNXを搭載した中国・上海博泰(Pateo)のコックピットシステムが、自動車メーカー5社の10車種以上に採用されたことも発表した。Pateoのコックピットシステム「PATEO CONNECT+」は、リアルタイムOS「QNX Neutrino」とハイパーバイザー「QNX Hypervisor」を組み合わせ、米Qualcomm(クアルコム)の車載プロセッサー「Snapdragon SA8155」上で動作させているという。

採用していないのはテスラだけ

 QNXを搭載した車両の累積出荷台数は2021年の1億9500万台から2022年には2億1500万台に増える見通し。

QNX搭載車両の累積出荷台数は2022年に2億1500万台へ
QNX搭載車両の累積出荷台数は2022年に2億1500万台へ
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動車メーカーの上位10社中10社、電気自動車(EV)メーカーの上位25社中24社がQNXを採用しているという。ブラックベリーSenior Vice President&Head of BlackBerry Technology SolutionsのJohn Wall(ジョン・ウォール)氏は、「EVメーカーの上位25社でQNXを採用していないのは米Tesla(テスラ)だけだ」とコメントした。

ブラックベリーSenior Vice President&Head of BlackBerry Technology SolutionsのJohn Wall(ジョン・ウォール)氏
ブラックベリーSenior Vice President&Head of BlackBerry Technology SolutionsのJohn Wall(ジョン・ウォール)氏
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]

IVYへの関心「とても高い」

 車両データ基盤のIVYに関しては、すでに複数の自動車メーカーとPoC(Proof of Concept)を進めている。ブラックベリーSenior Vice President, IVY Platform DevelopmentのSarah Tatsis(サラ・タティス)氏によると、「IVYに対する自動車メーカーの関心はとても高い」。IVYには車両のハードやソフトの違いを吸収する仕組みが備わっており、こうした柔軟性が高く評価されているようだ。

ブラックベリーSenior Vice President, IVY Platform DevelopmentのSarah Tatsis(サラ・タティス)氏
ブラックベリーSenior Vice President, IVY Platform DevelopmentのSarah Tatsis(サラ・タティス)氏
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]