全995文字
PR

 シンガポールのエンジニアリングサービス会社Quest Global(クエスト・グローバル)で会長兼CEO(最高経営責任者)のAjit Prabhu氏が来日した。来日の狙いや今後の事業展開について聞いた。

今回来日した理由は

 来日は3年ぶりだ。以前は3カ月ごとに来日していたが、新型コロナウイルス禍で自粛していた。日本法人の社員には、エンジニアとして成長するチャンスが今後たくさんあると伝えた。顧客企業と会うことで、進化の激しい業界情報や新たな方向性を共有する。

日本の顧客開拓ではどの分野に注力しているか

 主に自動車とエネルギーの2分野だ。自動車分野は、自動運転向けソフトウエア開発が多い。

 エネルギー分野は、大手石油メーカーなど向けに発電する電力量を調整するソフトウエア開発で協力している。今後カーボンニュートラル(炭素中立)の取り組みを強化する流れにあり、従来の火力発電に加えて風力発電などを組み合わせるケースが増えている。火力発電は一定の発電量を供給できるが、風力発電は自然環境で発電量が変動する、これらを組み合わせて、系統に安定した電力を供給できるようソフトウエアで調整する。