全1020文字

 スズキは2022年9月12日、モビリティー分野のソフトウエアの開発・提供を手掛けるオーストラリアApplied Electric Vehicles(Applied EV)に出資したと発表した。現時点で出資比率は公表していない。今回の出資を通じてスズキは、次世代モビリティー用ソフト関連技術の共同開発の推進や事業シナジーの実現を目指す。

 2015年に設立されたApplied EVは、電動化や自動運転のソフトなどの技術に強みを持つスタートアップ企業である。スズキは2021年9月に同社と基本合意書を締結し、協業の可能性を検討してきた。Applied EVへの出資を機にスズキはこれまでの関係をさらに強化し、開発や事業化のスピードアップを図る。

 Applied EVは(1)車載電装部品の点数の多さや複雑さ、車両コストを低減しながら、ソフトによって車両の機能を向上させる統合制御システム「Digital Backbone」(デジタルバックボーン)や、(2)食料品や荷物の配送、基幹輸送など商用車の幅広い用途に対応できる自動運転プラットフォーム(PF)「Blanc Robot」(ブランクロボット)──という電動化や自動運転関連の技術を開発している(図1)。

ブランクロボットを搭載した試作車
図1 ブランクロボットを搭載した試作車
(写真:Applied EV)
[画像のクリックで拡大表示]

 スズキは「協業の範囲は幅広い。具体的な協業内容はこれから検討する」と説明するが、Applied EVのこれらの技術を生かして、電動車両や自動運転車両の開発を加速させることが考えられる。