全2435文字

例文を読んで音声認識の精度を上げる

 Windows 音声認識には認識の精度を向上させる機能「音声認識の向上」が付いている。実行すると精度は格段に上がる。逆に初期状態では精度が著しく低いため、必ず実行しよう。

 「音声認識の向上」はタスクバーに常駐するWindows 音声認識のアイコンを右クリックし、メニューの「構成」から実行する。

 実行したら画面に表示された数十個の例文を読み上げる。すべて読むのに15分程度かかるだろう。この作業だけで精度は向上する。

「音声認識の向上」は画面に表示される例文を何十個も読み、文字認識の精度を上げる機能。文字認識の精度が格段に上がるので、必ず実行しよう
「音声認識の向上」は画面に表示される例文を何十個も読み、文字認識の精度を上げる機能。文字認識の精度が格段に上がるので、必ず実行しよう
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、Windows 10 バージョン 2004以降では「Microsoft IME」のバージョンが更新されている。このバージョンは特定の環境でうまく動作しない場合がある。そのようなときは「設定」の「時刻と言語」にある「言語」を開き、「優先する言語」で「日本語」を選択して「オプション」を開いて、キーボードの「Microsoft IME」のオプションを選ぶ。Microsoft IMEの設定画面で「全般」を開き、「互換性」にある「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」のスイッチを「オン」に切り替える。こうすることで正常に動作するようになる。

Windows 音声認識がうまく動作しないときはMicrosoft IMEを古いバージョンに切り替える
Windows 音声認識がうまく動作しないときはMicrosoft IMEを古いバージョンに切り替える
[画像のクリックで拡大表示]